DE0(Cyclone III) + DEOCM

DEOCM (でおしむ) という MSX のスロットが付いたボードを家電のケンちゃんで買いました。DE0 と DE0-CV で使用可能のボードです。今回は古い DE0 に頑張ってもらうということで OneChipMSX на Altera DE0 – Development and Education Board のロシア語サイトのファームウエアを書き込んで使うことにしました。一応、DE0 というか Cyclone III は古いのでボードが余っている人向けの記事です。

今からやってみたい方は DE-CV(Cyclone V) + DEOCM-PLD-CV(仮称)計画 のファームウエアを使うといいでしょう。今回こちらの方法は記載していません。

ダウンロードするファイル

OneChipMSX на Altera DE0 の 2018年リリースのファイルをダウンロードします。

  • source は 1chipMSX の DE0 版ソースです。コンパイルしてみたい人はダウンロード
  • POF-file は DE0 のコンフィグレーションROM に書き込むコンパイル済みのファイルです。これは必要
  • SOF-file は DE0 の FPGA に直接ダウンロードするアイルです。今回は使いません。
  • BIOS MSXDOS2 SDHCカードに対応したMSX DOS2のROMファイル。MSXDOS2 の場合はこの .zip ファイル内の biossdhc.sys を使う。今回は使いません。
  • BIOS NEXTOR SDカードに書き込むためのNextorシステム搭載のROMファイル。この .zip ファイル内の biosnext.sys は必要

OneChipMSX на Altera DE0 の 2017年リリースファイルのリンク

  • NEXTOR メモリカードに書き込むシステムファイルのアーカイブ。アーカイブファイル これは必要
  • OCM_NEXT.ROM – は、ディスクに書き込む最初のファイルでなければなりません。カードはFAT16形式でフォーマットされている必要があります。4Gバイト以上のSDHCカードをIBMカードフォーマットFAT32でフォーマットし、Nextor Basicに内蔵されているFDISKユーティリティで4Gバイトのパーティションに分割することをお勧めします。BASICからfdiskを呼び出す。これは不要

、NEXTOR という言葉が出てきました。DE0 版 MSX の DOS は Konamiman’s MSX page の DOS がターゲットです。

また、Intel FPGA サイトから Quartus II 13.1 もダウンロードしてインストールする。

.pof ファイルの書き込み

DE0 を PC と USB ケーブルで接続します。DE0 のスライドスイッチを PROG 側にしておきます。Quartus II 13.1 を起動して 「Tools」「Programmer」を選択してプログラマを起動します。

Hardware Setup で USB Blaster を選択。Mode は Active Serial Programming を選択する。

Add File ボタンを押してダウンロードした .pof ファイルを選択して Open ボタンを押す。

チェックボックスにチェックが付いた状態で Start ボタンを押す。

書き込みエラーになる場合は、スライドスイッチが PROG 側であること、また電源を入れ直して再度 Start ボタンを押せば故障でもない限り書き込み始まると思います。書き込みが終了したら、電源を切ってスライドスイッチを RUN に戻してください。

MSXDOS の SD(microSD)カード作成

NEXTOR DOS を microSDカードに書き込みします。コマンドプロンプトを起動して、DISKPART コマンドを起動します。管理者モードの確認ダイアログが出たら OK で続行。そうすると、もう一枚コマンドプロントのウィンドウが表示され DISKPART> のプロンプトが表示されます。

まず、microSD カード内の不要パーティションを削除します。下記は Raspberry Pi で使用した microSD カードでしたので、boot のパーティションと ext4 のパーティション2つあるやつでした。下記実行例のようにパーティション削除を行います。

DISKPART> LIST DISK

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           931 GB  2048 KB        *
  ディスク 1    オンライン           931 GB      0 B        *
  ディスク 2    オンライン          1863 GB      0 B
  ディスク 3    メディアなし             0 B      0 B
  ディスク 4    オンライン            14 GB  3072 KB

DISKPART> SELECT DISK 4

ディスク 4 が選択されました。

DISKPART> LIST PARTITION

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    プライマリ               41 MB  4096 KB
  Partition 2    プライマリ               14 GB    46 MB


DISKPART> SELECT PARTITION 2

パーティション 2 が選択されました。

DISKPART> DELETE PARTITION

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。

DISKPART> SELECT PARTITION 1

パーティション 1 が選択されました。

DISKPART> DELETE PARTITION

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。

DISKPART> LIST PARTITION

このディスクには表示するパーティションがありません。

DISKPART>

これで、microSD にパーティションが無い状態になりました。また、SELECT DISK をした後に CLEAN コマンド一発でパーティションをすべて削除できます。SELECT DISK を間違えると大変なことになるので、好きな方法で microSD カードの中身を削除してください。

DISKPART> help clean

     フォーカスされたディスクからすべてのパーティション フォーマットまたは
     ボリューム フォーマットを削除します。

構文:  CLEAN [ALL]

    ALL         ディスク上のすべてのバイトおよびセクターをゼロに設定するように指定します。
                これにより、そのディスクに格納されているすべてのデータが完全に削除されます。

    マスター ブート レコード (MBR) ディスクでは、MBR パーティション情報と
    隠しセクター情報だけが上書きされます。GUID パーティション テーブル
    (GPT) ディスクでは、プロテクティブ MBR を含む GPT パーティション情報が
    上書きされます。ALL パラメーターを使用しない場合、最初の 1 MB と最後の
    1 MB がゼロに設定されます。これにより、以前にディスクに適用された
    フォーマットは消去されます。ディスクの消去の後、ディスクの状態は
    未初期化になります。

例:

    CLEAN

パーティションを作成する。

DISKPART> CREATE PARTITION PRIMARY SIZE=2000

DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。

DISKPART> ACTIVE

DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

DISKPART> FORMAT FS=FAT QUICK

  100% 完了しました

DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。

DISKPART> SET ID=06

DiskPart は、パーティション ID を設定しました。

DISKPART> DETAIL PARTITION

パーティション 1
種類         : 06
隠し属性     : いいえ
アクティブ   : はい
オフセット (バイト): 1048576

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
* Volume 8     I                FAT    リムーバブル      2000 MB  正常

DISKPART>

Ltr は ドライブレターなので、パソコンによって変化します。DISKPART のコマンドプロンプトウィンドウを閉じます。

microSD カードに、NEXTOR DOS のファイルをコピーします。ロシア語サイトからダウンロードした biosnext.zip と nextor.zip を解凍しておきます。そして、biosnext.zip ファイル内の biosnext.sys を最初に microSD にコピーします。nextor.zip は NEXTOR.SYS と *.COM ファイルをコピーします。これで microSD カードから起動できます。

MSXDOS 起動

microSDカードを取り外して、DE0の SDカードスロットに装着します。大きさ変換のアダプタを使用して差し込みます。また、VGA 液晶、PS/2 キーボードも接続します。10個並んだスライドスイッチは全部 OFF で電源を入れます。

Initial Program Loader のメッセージやロゴが表示された後、MSXDOS のプロンプトが表示されれば成功です。

NEXTOR.SYS verstion 2.01 と表示されて konamiman dos が起動しています。

https://github.com/Konamiman/Nextor/releases

の最新リリースにある NEXTOR.SYS.japanese をNEXTOR.SYS にリネームし、microSDカードに上書きしてところ version 2.12 と表示され起動しましたので、その他コマンド類もリポジトリの最新版を build して置き換えてもいいと思われます。

あとは、Louthrax’s MSX game room から、sofarun をダウンロードして microSD にいれておけば、 .dsk のディスクイメージもファイルを選んでボタンクリックするだけで起動してくれる便利なソフトなので導入しておきましょう。

SONY ICF-6000(スカイセンサー6000)の掃除

Apple II clone 機を譲り受けした際に ICF-6000(スカイセンサー 6000) も一緒にいただいてきました。電池蓋の爪が折れていますが、電池入れてみたらAM/FMは聞こえたとのことでした。本日はこれを掃除します。


100円ショップで単一電池買ってきて、受信できるか確認開始。バンド切り替えスイッチを何回も回しているうちに接点のヨゴレが取れてきたのか受信可能に。AM/FMは普通に受信出来ました。短波は昼間なのと生活ノイズが多いため、Analog Discovery II で 6MHz/10MHz の周波数を 1kHz の信号で AM 変調した波を出力して受信出来るか確認。目盛に少しズレがありましたが問題なくピーという変調波を受信することが出来ました。基本的に問題ないということで掃除することに

手順は省きますが、防水のためのゴムパッキンなどを外してバラしました。防水構造のため中はキレイでした。ということで、中身いじりはせず外装だけ拭き掃除することにしました。



一通り拭き掃除終ったところ。だいぶサッパリしました。ショルダーベルトは手で洗ってみたのですが、汚れが浮いてくるので、外したままにしています。

ちょっと使ってみたところ、
AM は15センチくらいあるバーアンテナのおかげて感度良好な感じ。
FM は5分くらい聞いてると周波数がドリフトしてチューニング状態から外れてしまいました。 しばらく鳴らして様子を見ると周波数が下ったり上ったりしています。AFCスイッチあるので多分よほどズレない限り気づかないと思う。
SW1/SW2 ボディエフェクトを結構受けるようです。夜になって受信出来るラジオ局聞いてみて問題なければ良しとしましょう。

Nutube ヘッドホンアンプキットによさそうな角形電池探し

Nutube を使ったキットを頒布させてもらっています。このアンプは 9V の角形電池を電源として使用しています。角形電池にはいくつか種類がありまして、大抵のところで買えるアルカリ乾電池、ちょっと大きめの家電店で買えるニッケル水素電池、海外の輸入品を扱っているところで買えるリチウムポリマーがあります。これらの電池を放電させたらどんなものか調べてみました。テストは下記電池で実施しました。条件は Nutube キットの電流(約40mA) を流したときの傾向です。オペアンプ交換や、新しい電池や古い電池でも変化しますので、こんな感じということで見て下さい。

  • パナソニック:エボルタ乾電池
  • パナソニック:アルカリ乾電池(金パナ)
  • 東芝:IMPULSE (8.4V / 200mA)
  • MAHA:POWEREX 9.6V / 230mA
  • MAHA:POWEREX 8.4V / 300mA

エボルタと金パナは、時間経過と共に電圧も下がっていく傾向。金パナは 7.4V ~ 6.6V の電圧で安定しているようです。おもしろいのはエボルタですが 7.8V あたりと 6.4V 付近の電圧でそれぞれ 70分以上持ちこたえたところです。

ニッケル水素電池は、東芝 IMPULSE 8.4V / 200mA と MAHA 9.6V / 230mA がそっくりなグラフですね。1.2V セルの個数が違うだけなので当然な結果と。MAHA 8.4V / 300mA は、IMPULSE のグラフが伸びた形のグラフを期待していたのですが、買った電池がダメだったせいか途中で急激に電圧下がってしまいました(復活の儀式をやってこの状態なのでダメっぽいです)

放電中の電圧安定度からいいますとニッケル水素充電池に分がありそうな結果となりました。入手しやすさは東芝 IMPULSE ですが、MAHA 9.6V は電圧があがるので、その分出音も迫力あるものとなります。

リチウムポリマーの角形電池は入手できたら測ってみたいと思います。

アマゾンで買った LED ネームタグ (Archeer LED ネームプレート)

アマゾンで見かけた 1480円の LED ネームタグをポチりました。

ちょっと動かしてみて気になるのは輝度ムラですかね。明るく点灯するドットとちょっと暗めのドットがあります。ダイナミック点灯の仕方がイマイチなのか近くで見るとよくわかります。普通に使う分には問題ないかなと思います。あと明るさ調整もボタン長押しでできるのですが、100% -> 60% -> 20% の 3段階です。明るさの調整は可能ですが、輝度ムラが目立ってくるので 100% でつかうのが一番いいかもという状況。ただ 100% だと近づくと明るいので、LED パネルにスモークなアクリルを貼ったほうが見やすくなると思いました。

使い方は、LED ネームタグを USB ケーブルで PC に差しますと USB ストレージが現れます。ここに、 LED ネームタグ表示ソフトのインストーラーが入っているので、ダブルクリックしてインストールするだけです。ソフトを起動して、表示したいテキストを打ち込んで LED ネームタグに書き込めば完了です。LED ネームタグの電源 ON で自動で表示されます。

Twitter に投稿した動作しているときの模様リンクを↓に貼っておきます。

この週末は、nutube アンプの視聴をしていました

netube

この週末は、Nutube(6P1) のヘッドアンプの視聴をちょっとだけして終わりました。使ったのは SENNHEISER HD-25-1 II と AKG Q701 です。

HD-25-1 は密封型なので小柄ながら低音がドコドコ鳴る感じのヘッドホン。AKG Q701 はオープンエア型なのでデカイ割には低音は軽めの感じです。Nutube のイヤホン出力の視聴では AKG Q701 が中音がすっきりでたので JAZZ ボーカルな CD などが気持ちよくリスニング出来ました。また、hd-25-1 II は、小規模コンサートホールなどでよくあるオフマイクで録音されたピアノやバイオリンなどの CD がよかった印象です。



Nutube ヘッドホンアンプの持ち主から、改造 OK の許可もいただいてたりするのですが、今日のところはこの2つ使って楽しませてもらいました。

KORG Nutube(6P1) Headphone Amp Kit v1.0 の簡易 f 特測定

2016-09-03 11.26.32

KORG Nutube ヘッドフォンアンプを使ってみた (Part-2) の Blog 主さんから一時預かり。ひとまず f 特を採取しておこうと思います。

2016-09-04 07.33.54

ということで、Analog Discovery 2 で簡易 f 特測定実施。測定範囲は 5Hz から 200kHz です。

6p1-headphioneout-16ohm

入力 100mV イヤホン出力 負荷 16Ω の f 特

6p1-headphioneout-32ohm

入力 100mV イヤホン出力 負荷 32Ω の f 特

6p1-headphioneout-72ohm

入力 100mV イヤホン出力 負荷 72Ω の f 特

負荷抵抗の差でゲインに違いは出ます。そのせいなのか 72Ω負荷のときの特性が 16Ωにくらべて特性はフラットな見え方になりました。大した差では無いので気にすることは無いレベルと思います。

6p1-headphioneout-16ohm_net

入力 1kHz イヤホン出力 負荷 16Ω の高調波の出具合を見たところ 2次歪みがよく出ています。3次以降もグラフからは見えます。

6p1-headphioneout-rca

RCA 出力 入力 100mV の f 特。イヤホン出力よりも下が伸びてました。位相のグラフが180度回転しているように見えますが RCA 出力は反転なのでこれであっています。ここにバッファアンプをつないだら結構遊べるんではないかなと。

6p1-headphioneout-rca_net

入力 1kHz RCA 出力の高調波の出具合を見たところ 2次歪みがよく出ています。3次以降もグラフからは見えます。

蛍光表示管ですが真空管の特徴が出ていあたりはよく作りはったと思います。個人向サンプル 5000円程度が気軽に求められる値段になれば使用例も増えますかねぇ。

FinePix F770EXR のファームウエア更新をした

2015-12-27 12.35.35

フジフイルムのコンパクトデジカメ FinPix F770EXR で、「Windows10搭載のパソコンと本機をUSB接続した際にカメラ内の画像をパソコンに転送できない現象を改善しました。」というアップデートがリリースされたので、早速適用してみる。

2015-12-27 12.27.40
2015-12-27 12.27.55

  • 最新のファームウエアファイル FPUPDATE.DAT をダウンロードする
  • FPUPDATE.DAT を SD カードにコピーする。作業で使ったパソコンが Windows 10 だったので、カードリーダーに SD カード差してコピーした
  • DISP / BACK ボタンを押しながら電源 ON
  • カメラの液晶画面に出るバージョンアップの確認に OK 押して更新する
  • 電源 OFF/ON で終り

詳細の手順は、メーカーが出している手順に従ってください。ファームウエア 更新後は Windows 10 の PC に USB ケーブル差しても、ちゃんと SD カードの読み書きが出来ました。買って丸3年経ったデジカメのファーム更新が出たのは地味に嬉しかったりします。よかったよかった。

Raspberry Pi 2 購入

2015-02-13 22.17.23

最近発売になった Raspberry Pi 2 です。RSのサイトで頒布物のパーツ注文するついでに買おうと思っていたのですが、肝心のパーツは在庫切れ、Raspberry Pi 2 もクリック出来ない状態というやつで手配出来ない事態に。仕方ないので、大阪帰る前に秋月寄ったとき代替パーツと共に玄関先のワゴンに積まれてたRaspberry Pi 2 も 1個購入。まぁ、なんといいますか、PC 好きな人がハードディスク買うような感覚の買い物でしょうかねぇ。マイクロSDカード買い忘れてたのでカメラ屋さんでマイクロSDカードを購入。

本家のサイトから ARM 用 Linux のディストリをダウンロードして、マイクロSDカードに書き込みます。今回も Raspbian という Debain GNU Linux のイメージをマイクロSDカードにツールを使って書き込み。

2015-02-14 08.18.23

私の家には、USB キーボードが無いため、Raspberry Pi 2 の初期セットアップを HDMI 出力 + キーボードという組み合わせで行うことが出来ません。私の場合はシリアルコンソールから初期セットアップを行います。写真のように、ヘッダーピンには以前の Raspberry Pi 同様シリアル出力が出ていますので、ここに USB シリアル変換を差して PC の Teraterm から設定をします。このとき使用する USB シリアル変換の I/O は 3.3V 対応にしてください。

シリアルコンソールからログイン出来たら、必要最低限の設定を $ sudo raspi-config して行います。とりあえずファイルシステム設定でSDカード全体使うように設定するのと、ホスト名変更と、SSH サーバーが有効になっていることを確認。次に /etc/network/interfaces の有線LANの設定を固定IPに変更してリブート。

2015-02-14 08.17.59

LAN ケーブルをノートPCに接続。私のノート PC は無線 LAN でルータと繋っているので、Windows のコンパネから、無線 LAN と RaspberryPi 2 を繋いだ有線 LAN をブリッジさせます。このブリッジさせることで、ノート PC が HUB みたいな感じになります。Teraterm の ssh 接続で Raspberry Pi 2 にログインして、sudo apt-get install dnsutils を行い nslookup コマンドをインストール。
nslookup コマンドで 自宅以外のドメイン名入れてお返事出てくれば問題なし。駄目なら /etc/resolv.conf 確認したらいいと。ネットワークが動けばなんとかなるので、最初のセットアップはここまでやって終了。

あ、ちなみにストロボ焚いて誤動作するのを再現させるテストはやってませんよ

DigiFi 16号付録の DAC 基板購入

2014-11-30 15.43.03

歳暮の手配などで、なんば出たついでで本屋さんにて DigiFi 16号を購入。デスクトップPC や CD プレーヤにはデジタル出力あるのでちょっと試してみようと。ノート PC にデジタル出力あればかなり役立つ基板になりそうでしたが、残念ながら家のノートパソコンにはデジタル出力は皆無でした。

FastTrackPro_SPDIF_output

とりあえず Windows 8.1 のタブレット PC に Fast Track Pro を接続して、それの同軸出力を基板にいれてみて動くかやってみました。設定は 24 ビット 96k です。

2014-11-30 16.01.23

まぁ、あっさりと動作確認完了でございます。

コンデンサ張り替えなどは、時間あるときにやりたいと思います。

「551 HORAI オリジナル電子レンジ用セイロ」を購入

2013-02-07 18.29.59
2013-02-07 18.30.25

今日は、博物館などへ行きたかったため外出しまして夕方家に帰る前に写真のブツを購入

551 蓬莱の店頭でたまたま見かけたので購入した「551 HORAI オリジナル電子レンジ用セイロ」です。これ、もう売ってないと思っていたのですかさず購入したのですが、後から調べると最近は普通にあるようでした。知りませんでした。

使い方は 500W の電子レンジで1分程度の加熱が目安とありますが、容器に入れる水の量など何度かトライ&トライが必要かと思われます。