Re2: Halion SONIC て言うソフト音源を買いました

もうちょっと、動かしてみました。というのは、私の持っているMacBookの場合バッテリーを外しているとCPUがクロックダウンすることを完全に忘れていたためです。

バッテリー付けて、DAWから VSTi として使用する分にはノイズは発生しなくなりました。(スタンドアロン使用ではあいかわらず駄目でした)

以上ですが、SSDを使用していてもノートPCなので1スピンドル構成です。このため別プロセスがI/O発生させてHALion Sonic のデータ読み出しが遅れることは十分ありえます。ので、今回の結果はたまたまうまく行ったというところでしょうかね。
この件これにて終了。

あたらしいPCが欲しい その2

前回、ちょこっとPCが欲しいと書きましたが、Intel の Sandy Bridge も AMD の Bulldozer も今の段階ではもうちょっと待ってから買ったほうがいいかな?ということで。

  • MacBook をクラムシェルモードで、 WUXGA(1920 x 1200) のモニタ接続して暫定メインマシンにする
  • んで、Pentium D930 のデスクトップ PC はシリアルポートやパラレルポートが付いているので、電子工作専用マシンとしてまだしばらく働いてもらう。液晶モニタは余っているWXGA+(1440 x 900) を使用。
  • 残った VAIO VGN-SZ74B のノートPCは普通にノート PC として使用

手順は、どうすべか、iTunes のライブラリバックアップとコンピュータの承認とか言うやつに気を付けていればOKかな?他にややこしいソフトは無かったはずやしね。 Intel の 160GB SSD を MacBook に付け直して、デスクトップは HDD に戻して Windows XP クリーンインストールすれば電子工作用には十分でしょう。 iTunesストアからダウンロードしたアプリはどうすればいいんだ?iPodTouch のアプリがいくつかあるねぇ。全然気にしてなかった。

まぁ、とりあえずこれだけ理由があれば今日明日であたらしい PC を買わなければならない理由は無いので、使う予定のお金は酒に回せます (^^;

あたらしいPCが欲しい

今家にある PC は3つあります。

  • 5年落ちの Pentium D930 のデスクトップPC
  • 3年半落ちの VAIO VGN-SZ74B
  • 2年落ちの MacBook (early 2009)

ということで、1日過ぎるたびに古くなっていくものであります。デスクトップ PC の更新をしたくなってきました。ビデオカメラも AVCHD などのフォーマットになってきますし、DTM の音源も CPU 使用するものなど、やはり今の手持ちの機器ではどうしようも無いというのが理由です。

さて、価格的には P67マザーに i7-2600 あたりを載せて手頃なグラボ積むのが手っ取り早いと思っていましたが、チップセットの不具合でマザーボードが買えない状態。販売再開まで待ちましょうかねぇ。

まぁ、Pentium D 使いなので、TDP はある意味気にしてませんので、AMD の 6コアでもいいかなとも思い始めてます。さすがに  Core i7 980X はやはり高いのでこいつは今は選択から外れています。というふうに構成考えている間が楽しいのよね

Re: Halion SONIC て言うソフト音源を買いました

先日 HALion Sonic というソフト音源を買ったけど、ノイズ乗るという話を書きました。んで、昨日酔ったいきおいで SSD 買って帰ってきて、MacBook(early 2009) を SSD 化してみて、HALion Sonic スタンドアロンで16トラックあるmidiファイル(ホテカリ)を鳴らしてみたところまだまだ駄目です。SSD化前は曲の後半は演奏速度さえ落ちてくるくらいひどかったのが、SSD 化によってデータの読み出しが早くなるとそういう事象はなくなりましたので効果はあるようです。ただ、やはりブツブツとノイズ乗ります。
次に DAWのVSTiとして鳴らしてみましたところノイズはほとんど出なくなりましたが、2〜3回ブツっとノイズでます。これは、いくつかあるmidiトラックのどれかが発音遅れた結果発生したノイズのようですが、音量は非常に小さい状況です。スタンドアロンよりかは相当ましです。
FastTrackPro, SonicCell, ZoomR24 のUSBオーディオI/Fいずれも同じ結果でしたので(24bit/48K)、HALion Sonicのスペックと考えます。とりあえず今時の新しいそこそこ性能の良いパソコンで使ば問題ないと思います (^^; が、品質は上げて行ってほしいですね。Hypersonic とは全然別物です。

酒飲みながら作業してたので、今朝は頭いてー
さて、これから、名古屋から大阪日本橋へ遊びにいくのだ

Halion SONIC て言うソフト音源を買いました

物自体は、前回のバイオリンのレッスン(ヤマハ音楽教室というやつです)の帰りに、同じ建物内にある楽器コーナーで購入。
DTM 自体は熱心にはやりませんが、サンプラーに比べたらディスクの容量も少な目でインストール出来そうです。ハード音源の代りに使えたらと思って買う気になってました。動作環境にはDualCore 2GHz以上 RAM 2GB 以上とあります。私の持っているPCは

* 5年落ちのデスクトップ (Pentium D930 3Ghz/3GB) Windows XP SP3
* VAIO VGN-SZ74B(Core2Duo T7300 2GHz/4GB) Windows VISTA
* MacBook Early2009 (Core2Duo P7350 2GHz/4GB) MACOS X 10.6

です。とりあえず、一番古いデスクトップ(XP SP3)にインストールして、音源を1個だけで遊ぶ分には問題ありませんでした。で、こないだバージョン1.0から1.5へのアップグレードの修正がSteinbergのサイトに乗っていたので適用。
修正内容にGeneralMidiサポートも書いてあったので、Halion Sonic をスタンドアロンで起動してMidiファイル読み込ませて演奏させてみました、トラック数は10トラックです。この状態で Pentiun D930 の片側のCPU負荷がほぼ80%振ったままで、音声データの読み込みも遅れるようで、ブツブツとノイズ出まくります。(音声出力は FastTrackProというUSBオーディオインタフェースで使用)

では、ノートPCはデスクトップPCより新しいCPUですがいかんせんノート用のCPUなので速くありません。結果どうかと言いますとデスクトップ PCとあまり変らずノイズ乗ります。(ディスクのデータ読み出しが遅いのが原因みたい) CPU負荷は Pentium D930 と違って両方のCPU負荷が上りますのでマルチコアで動いているようです。CPU負荷は約50%程度で推移しました。MacBook の場合もVAIOとあまりかわらないハードなので同様の結果となりました。

どっちゃにしても、我が家のPCではHalion Sonic をマルチティンバーでは鳴らせませんという結果は出ました。

Core i5/i7 + SSD ですかねぇ。組むにしても買うにしても。
あと、ビデオもハイビジョンが増えてきてビデオカメラの記録形式も AVCHD 形式になってきてるんで、直接編集しようとすると早いCPUがいいらしい。あと、最近のグラフィックボードがわからん。

ということで、もうちょっと考えてから新しいPCの構成決めたいです。

Evernote のアカウントを作った

Evernote のアカウントを作成したんですよ。で、いろいろクリップしてみたりしているんですが、ノートブックとタグで分類すんのはわかりました。

いろいろinboxに放り込んでいってますが、どうやって整理する?のがなんかひらめかない。更新する可能性の低い単純なメモやWebページのコピー、仕事か何かで追記・修正の発生する文書に分けられます。ノートブック(フォルダのようなものと理解)に分類すると、タグのスコープがそのノートブックの範囲に制限される。まぁ、全てのノートのところで検索すればいいのですがね。
PDFとかの添付ファイル関係もうまく検索出来るといいなと思いつつ…

逆に整理しないまま、検索だけでやってみようかとも思ったりとトライ アンド トライ中。皆さん便利に使えてるんですかね?

使っていくうちに便利に思えるようになるかも知れないので、もうしばらく使ってみたいと思います。

Blog 用写真アルバム作成ソフトをjalbumからimageindexに戻します。

以前の記事で、Jalbum使うとか書いたんですけど、cygwin で、imageindexが動いたのでJalbum止めます。やっぱり使い慣れてるのが一番ですね。
あとは、cygwin の lftp が安定して動けば完璧です。昨日2GBくらいのディレクトリを mirror したら、最終的には処理完了しますがプロセスの残骸みたいなのが一杯残る。PC側のディスクな NAS なんで遅いというのも原因の一つとは思いますが…
まぁ、ftp は WIndows の ffftp でもいいしあまり気にしませんが。
これで、環境も少しづつまとまってまいりました。