Si4735 ラジオモジュールの音声出力UPをねらってオペアンプ付けたけど失敗

2015-09-06 13.25.03

Si4735 ラジオモジュールの音声出力は弱いのでオペアンプ付けてみようと、ブレッドボードでテスト開始。LT1054 の電圧コンバーターで負電源作って±4.5Vくらい出せる電源を準備。これを 4558 オペアンプの電源にして増幅させてみました。結果からいくとマイコンボードのノイズ、USB HUB の電源ノイズなどもハッキリ聞こえるようになってしまいました。

ということで、この方法はいまいちだったのでフィルタ付けてみるとか考えたほうがいいかも知れません。I2S のデジタル出力もクロックさえ用意すれば出せそうなのですが、今のところ簡単に実験出来ないので今後の出来るときにやってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。