IV-27 (ИВ-27) VFD (蛍光表示管) のピンアサインを調べた

2014-06-28 14.59.55-1

ピンアサインがわからないと使えませんので仕方なく調査開始。ブレッドボードに MC34063A を使用した 5V から 24V に昇圧するコンバーターと、パーツボックスに1個だけあった 3.3V 三端子レギュレータを配線して電源まわり完成でございます。

蛍光表示管はカソード(ヒーター)さえわかれば、ピンアサインを調べるのはなんとかなります。そしてヒーターは電線が繋っているのでテスターであたればわかります。それ以外がアノードとグリッドです(笑)
で調べた結果は以下のとおり。見直ししていないので保証はありません。すいません。

IV-27_pinAssign2

一覧に、IV-27M と IV-27 を載せてます。M サフィックスなしが古いやつです。IV-27M は比較的リード線の状態もマシなので不良はなさそうですが、届いた荷物に数個混ってた IV-27 は胡散臭い感じします。そしてピンアサインも違うので困ったものです。つか前回の記事にあげたデータシートと全然違ったので、あわてて前の記事から表消すなども困ったことです。さらに、ピンアサイン調査で既に2個不良発見というエゲツナイ状態。↓の写真のように半分しか表示されないとか、点灯しないとかです。
ヒーター電圧の確認は、電池で3V かけてみて赤くならず、電池一本追加で赤くなりました。データシートには 3.15V と 5.15V があったのですが。3Vのほうが正解だったようです。

2014-06-28 12.53.20-1

問題の無い管はヒーター以外に全部電圧かけてあげれば全部光ます。

2014-06-28 15.00.07-2

とりあえず、ピンアサインはだいたいわかったんでよしとしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。