TL866II PLUS 25V/21V アダプターを作った(2764/27128版)

一つ前の記事、 TL866II PLUS 25V/21V アダプターを作った で 2716/2732 対応のアダプタ基板を作成しました。今回はバリエーションで 28ピンソケットのプログラミング電圧=1Pin の対応で基板を修正しました。

回路図や部品表などは、https://github.com/ngc6589/TL866II-PLUS-25V-21V-Adapter-for-2764-27128 にて公開しています。

このアダプタは 2764や 27128 など VPP=1Pin が対象です。作ってみて試しに手持ちの 2764 27128 に書き込みをしてみました。特に問題なく書けました。

余った基板は https://www.em9system.com/?p=989 にて頒布します。

TL866II PLUS 25V/21V アダプターを作った

TL866II PLUS のプログラマーは EEPROM などの書き込みや、ATMEGA328P のヒューズリセットなどお手軽でよいのですが、EEPROM となると書き込み用電圧が 18V までとなっています。この前の機種では 21V まで出たのですが現在は通販から消え去ってしまってます。今更 2716 を書くことは APPLE II のメンテで必要になるくらいなのですが、一つ作っておこうということで作っちゃいました。

回路図や部品表などは、https://github.com/ngc6589/TL866II-PLUS-25V-21V-Adapter にて公開しています。

このアダプタは 2716 VPP=21Pin 2732 VPP=20Pin が対象です。作ってみて試しに手持ちの 2716 2732 に書き込みをしてみましたが、 2716 は特に問題なし。2732 は書き込めず悩みました。ググった結果 XGpro というこのプログラマのアプリケーションにバグがあってワークアラウンドとして 2732 の 18Pin(チップイネーブル)をGNDに落として書き込むというのが今の状況です。これをすれば私のところでも書き込みは出来ました。

今回は初版とあって基板にミスがありますが余った基板を https://www.em9system.com/?p=965 にて頒布します。