IN-9 バーグラフネオン管で何しよかと思いつつ、対数回路を計算

20130104115800

IN-9 のバーグラフ管で、何しようと思いつつもやっぱり普通は VU メーターもどき? と思いつつというやつであります。しかしながら IN-9 は流す電流に対してリニア表示となりますので、入力を対数変換して表示上はそれっぽい振れ方するようにしたほうがいいです。ということで、定本でしたか、入門本に載っていた簡易的に変換する回路例を LTSPICE に入れてみました。opamp は標準モデルで一旦処理しています。入力を0から3Vまで変化させて、出力を見ます。今回は10℃、25℃、45℃の3パターンで計算です。

20130104115900

結果、温度変化の影響は見られますが、それなりの表示出来るレベルならなんとかなるかなという感じの状態。ただしトランジスタの熱結合なども必要なのでダイオード一本のログ変換にくらべればかなり良いとは言えちょっと微妙か。R4 にサーミスタも入れて温度補償している例もありますのでさらに良くしたいならそういう検討もしましょうということで。

実際には、IN-9 のドライバの入力電圧の設定がどうなるかなど、変化する要素はまだありますが、今回この回路は採用するかなぁ。もうちょっと検討します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。