71A シングルアンプ 製作開始

71A シングルアンプを作っていきたいと思います。回路的には全段直結といきたいところですが、考えだすとなかなかまとまらないので、ひとまずコンデンサカットで音出しまではやってしまいたいと思います。大雑把な仕様は、入力は携帯プレーヤなど小出力の機器を想定。出力は8Ωスピーカーで設計。ストレートか薄く帰還をかけるかは決めていません。回路は検討段階のものですので動く保証はできません。参考程度に見てください。

回路は普通のコンデンサカットで各段を切っています。12AU7 で約100倍(40db) のゲインを想定しています。B電圧(約220V)は終段と共用にしていますので、2Vp-p のライン入力ではクリップして音割れします。なので、携帯プレーヤ想定です。終段 71A は自己バイアスにしています。電流が少なく、カソード抵抗の発熱も知れているため、固定バイアスにすることもないという考えです。
71A のカソード抵抗 3k と書いていますが、2.2k の誤記です。後日別のまとめ記事作るときには差し替えします。

帰還については、無帰還か軽くかける程度でいく方向です。上の簡易計算でもそこそこ動きそうな感じかするのと、大音量で使うようなものではないので十分かなという次第。


デジットで富士シャーシの No.6R を買ってきまして、パーツが乗るか検討中のところ。縦向きは過去やったことがあるので今回は横向きでいこうかなと。



シャーシの中に入る部品と相談しつつ上面の配置も決めなきゃいけないということで、71A を直流点火するための整流回路を作成。データーシートにはヒーター 5V/250mA とありますので、負荷装置で 250mA 設定にしてだいたい 5V であることを確認。個人的には±10%内(±5%ならなおよい)と思っていますので、ひとまず ヒーターの 5V 整流回路完成というところです。

引き続き B 電源のリップルフィルターを作っていきたいと思います。

6C33C-B シングルアンプの12AU7ロードラインも考え初める

12au7_ロードライン検討1

6C33C-B のドライバに使う予定の、12AU7 のロードラインはどのへんかいな。と、線を引っ張ってみます。20Kから30k くらいがなんとなくの傾きに見えてきます。またプレート最大電圧の 300V なので、プレート電流が 0 になる点は 300V で仮に設定しています。これをパラで使う場合は電流倍になるから、抵抗は半分ということかな。

初段 12AX7 である程度ゲインかせいで、12AU7 はそんなに増幅しなくても良いように配分したいので、そこそこの傾きでいっときましょう。

これで、終段 140V くらいと、ドライバが 300V くらいの B 電圧必要になりそうと。あとは、初段の B 電圧がどれくらいになるかで、 300V から抵抗でドロップさせるかどうするかが決まってきそうです。

2014/02/11 日本橋買い物

2014-02-11 14.23.18

先週はカゼで大変でしたので、建国記念の日にちょっとお出掛けです。

  • 千石電商 6C33C のソケット IGZCT7-C-G
  • デジット ボリューム、RCA 端子
  • 東京真空管商会 12AX7, JAN 6189W(12AU7)

前回日本橋行ったときには見つけていたのですが、千石で 6C33C のソケットを 840 円で購入。まな板実験用にでもと思い購入しました。デジットでソケットコーナ見ると品物は違うのですが 6C33C のソケットが 600 円で売られててズッコケ。まぁ、そういうことはよくあります。デジットではボリュームと RCA 端子を購入。今回は、ちょっと大きめのボリュームを購入。2連が 3,000 円で単連が 500 円でしたので単連を購入。

東京真空管商会が開いてたので、ちょっと覗いてみました。普段はここ開く前に日本橋離脱しちゃってるパターンが多いです。今日は 12AX7 と 12AU7 購入。12AX7 は TUNG-SOL のやつ。これは、測定結果のテプラが貼ってあってペアになってました。12AU7 は、有名ブランドの球は地味に高いですが、Philips の 6189W やったらもう少し安いです。とお話しつつ、こっち買うことにしました。こちらはペアでは無い普通の扱いです。あ、ロシア球に統一すべきだったか…

あとは靴など購入して帰宅でございます。それにしても寒い日が続きます。