20080921 レッスン3回目

いつもは家を出る前に一回チューナーで確認してますが、今回は出先から 教室へ直行のためチューニングの確認は出来ませんでした。 ということで、レッスンの開始はチューニングの練習からスタートです。

  • A線は電子チューナーで合せる(音叉やピアノの音を聞いて合わせるやりかたがより良いです)
  • D線とA線を鳴らしてチューニング
  • G線とD線を鳴らしてチューニング
  • A線とE線を鳴らしてチューニング

と言う普通の手順でやってくださいということでトライしますが、 ペグの回し加減が微妙でちょっと回したいだけなのにグイと回ってしまう。ということで なかなかチューニング出来ません。 「おおっ、これは大分いけたねぇ」と思っても先生は「まだ合ってませんよ、もうちょい」と なかなかOKいただけませんでした。 最終的には先生にやってもらいましたとさ。

  • ペグをきっちり奥まで差してるようなので固い。もっと緩めにしても大丈夫
  • チューニング時うねり聞いて追い込んでいって合った瞬間2弦の音が少し小さくなるポイントを聞きましょう

ということでチューニングの仕方は終了っと。

あとは普通のレッスンです。篠崎教本 19ページの2本同時に同じ強さに弾く というやつです。 まぁ、チューニングの時にもやってますが、きっちり弓当てて弾くと

終りは A線で、ラシドの音が取れてるかを確認(教本の20,21ページから適当な小節をチョイス) 今のところBの音が不安定というか低めに押さえてる感じですか。 そんなこんなであっというまに時間切れ終了でした。

今日の反省点は、注意がそれるとボウイングがおかしくなることが数回あったので とにかくボウイングの練習をしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。