71A シングルアンプ シャーシ穴あけ開始

71A アンプの部品配置も大体決まったのでシャーシの穴あけをしたいと思います。用紙に印刷した配置図を切り取ってシャーシに貼ります。そのあとドリルするところにポンチを打ちます。

ボール盤で穴開けしておく分を済ませたところ。残りは現物合わせで穴あけするので、ボール盤作業はここまでです。


電源スイッチの回転防止のところを間違えて大きく削ってしまった。今回はアサヒペンのアルミ用スプレー塗料(マットブラック)でシャーシを黒に塗ろうと思っているので目立たない予定なのですが、この後少し修正して切り欠きは目立たないように修正した。。最終的にはホットボンドで補強する予定。



電源トランスの角穴を抜いたところ。こちらは一発で決まったので良かったです。ここまでやって疲れてきたので、 AC インレットとヒューズホルダの取り付け穴加工は今度の休みにでもしようかとおもっています。

71A シングルアンプ 5V整流回路、220Vリップルフィルタの作成

終段で使う 71A は直熱三極管のため 5V のヒーターは直流点火します。また、各真空管の B 電源(220V)の整流回路も必要なのでラグ板に作っていきます。今回使用するシャーシの大きさ的余裕が少ないので、中に入れる物はある程度作ってからでないと上面の配置も決められないということなのです。

左のラグ板が 71A のヒーター用ブリッジダイオードと抵抗+コンデンサのリップルフィルタ。真空管2本なので回路も2つ。正直そこらへんで売ってる 5V 電源ばらしたほうが手間少ないですが、一応作りましたということです。また右側は 220V のリップルフィルタです。B電源は終段と12AU7合わせて50~55mA使う予定です。電源トランスは 100V 入力 200V のセンタータップ付き巻き線があるのでこれを使用します。整流後330V程度の電圧になります(電流流すとトランスの電圧は下がるので、実際にはもっと低い電圧)。FET で 220V までドロップさせるので 4~5W の無駄な熱が FET から発生します。放熱器必須です。

シャーシ内にいれるラグ版ができたので、収まりそうか検討中のところ。なんとか入りそうではあります。ほぼほぼ、このレイアウトで行くと思います。ゴールデンウィークでもうちょっと進むかな?と思っていましたがここまででした。シャーシの穴あけはヤル気になるまでちょっと休憩です。

71A シングルアンプ 製作開始

71A シングルアンプを作っていきたいと思います。回路的には全段直結といきたいところですが、考えだすとなかなかまとまらないので、ひとまずコンデンサカットで音出しまではやってしまいたいと思います。大雑把な仕様は、入力は携帯プレーヤなど小出力の機器を想定。出力は8Ωスピーカーで設計。ストレートか薄く帰還をかけるかは決めていません。回路は検討段階のものですので動く保証はできません。参考程度に見てください。

回路は普通のコンデンサカットで各段を切っています。12AU7 で約100倍(40db) のゲインを想定しています。B電圧(約220V)は終段と共用にしていますので、2Vp-p のライン入力ではクリップして音割れします。なので、携帯プレーヤ想定です。終段 71A は自己バイアスにしています。電流が少なく、カソード抵抗の発熱も知れているため、固定バイアスにすることもないという考えです。

帰還については、無帰還か軽くかける程度でいく方向です。上の簡易計算でもそこそこ動きそうな感じかするのと、大音量で使うようなものではないので十分かなという次第。


デジットで富士シャーシの No.6R を買ってきまして、パーツが乗るか検討中のところ。縦向きは過去やったことがあるので今回は横向きでいこうかなと。



シャーシの中に入る部品と相談しつつ上面の配置も決めなきゃいけないということで、71A を直流点火するための整流回路を作成。データーシートにはヒーター 5V/250mA とありますので、負荷装置で 250mA 設定にしてだいたい 5V であることを確認。個人的には±10%内(±5%ならなおよい)と思っていますので、ひとまず ヒーターの 5V 整流回路完成というところです。

引き続き B 電源のリップルフィルターを作っていきたいと思います。

次の真空管アンプは 71A で作る予定です

2016-10-25-20-06-33
2016-10-25-20-07-31

今度作る真空管アンプは 71A を使ったアンプになる予定です。写真の球はアメリカの出品者から買ったのですが荷物追跡できないお安い配送方法のため2ヵ月経っても到着せずの状態でした。郵便局に CN08 CN18 の紙出しても追跡不能。出品者に問い合わせても追跡不能と。「こりゃロストしたか」とあきらめ半分でナス管の CX-371 をオーダーしたところで到着。

4 本ありますが振るとカラカラ音がするのがあります。足のところの固定に使われている接着剤のカケラがカラカラ言うのか真空管内か切り分けできていないので、ブレッドボードに簡易試験回路を組んでみて不良があるかどうか確認はしておきたいところです。

ノグチトランスで FM-H1WS をぽちっとなしてしまったので、ひとまずヘッドホンアンプにしようと思っています。年内にできるといいな。