20080914 レッスン2回目

  • 半弓・全弓の練習
  • 上記練習のついでに A,B,C の音程を取ってみる

A線の開放弦でボウイングの練習。その後、B,Cと押えて音を取ってみる。 この練習の途中で弓を持つ右手についていくつか指摘された。

篠崎バイオリン教本1の20ページあたりの練習です。ページの隅っこに篠崎くんが 良い姿勢でバイオリンを弾いているイラストが目に入るたびに、 おおっと思いつつ弓を持つ手とか前回注意されたところに集中する。なのでそういうところは 特に言われなかったのですが、手首の角度というのかそういうところで修正が入りました。 手の甲に乗せた物を落さないような感じの動きか

ネックの持ち方もついついギターみたいに握ってしまう。そしてすぐ指摘されます。

そういや、今回はチューニングし直しはなかったのでこれだけはOKか

それにしても時々「すばらしい!!」とおっしゃっていだくのはいいのですが、あまりおだてないで下さい。その気になっちゃいます…

20080831 レッスン初回

  • 楽器の取り扱い方について
  • 楽器の構え方
  • 弓の持ち方
  • 開放弦でボーイング

最初の挨拶から始まりましたが、優しそうな先生です。 当然1回目なので「今回何故バイオリンを習おうと?」という質問はあります。 正直に「ネットで楽しそうに弾いてる人を見たのがきっかけ」と返答。 先生苦笑しながらも理解いただけたようでなによりです。 あと、「楽譜は読めますか?」には「外国語ですね」と返答。 そりゃぁ過去ギター少し弾いてた時もありますが、そのときは耳コピしたコード進行を 弾いてりゃよかったので、楽譜読むとかはさっぱりなのです。

次は基本的な楽器の取り扱いについてですがこれは今回のレッスンで楽器を出してから レッスン終了時に楽器を片付けるまでの都度教えていただきました。 まぁ、肩当てを付けるとか丁寧に扱うとか、使い終ったら布で拭くとかそういうことです。

次にチューニングですが、これは、「ん? 合ってるか」と感じでしたが 今後 A=442Hz でチューニングしましょうということで、 先生のほうでチューニングしなおしていただきました。 A線合せて、あとは音だけでチューニング出来るようになっておいてくださいということ。

弓の持ち方で意識していないと「小指とか親指が伸びて突っ張った状態」にすぐなってしまいます。 注意しながら、ボウイングの練習であっと言うまに30分終了です。

レッスン終了後「篠崎赤本」を購入。

200808上旬 音楽教室に申し込み

2008年9月からバイオリンのレッスンに行くようになりました。 以前ヤマハの V20G というのを買いましたが、やはりフレットのある楽器とは 大違いで「こりゃー習わんとダメだわ~」状態。おっさんでも大丈夫かいな?という心配は あるもののとりあえずレッスンに行く決意だけはしました。

では、どこに行くかということですがグーグルさんで他の人はどんな感じでされているか 検索してみたら

  • 家の近所で個人レッスン
  • 楽器メーカがやってる音楽教室でグループ or 個人レッスン

みたいな感じに集約されているようです。で、私はどうしたかと言いますと ヤマハの音楽教室に通うことにしました。

電話帳で家の近所にそういうところがあるのか見たのですが実はよくわからなかったことと ヤマハとカワイに資料請求していた返答があり、ヤマハなら日曜日にレッスン出来るという だったのでヤマハを選択した次第です。コースのレベル設定はもちろん初心者コースからの スタートであります。