20090705 レッスン26回目

今日は地味に暑い。でも曇ってて直射日光攻撃はなさそうなので、電車で行きました。 前日は少し練習するつもりが、Windows VISTA のノートPCが調子が悪いので、 リカバリしてました。ダイヤルアップ接続が一般ユーザーで出来なくなったのです。 UAC切ったら出来るのにねぇ。他にも、イーモバイルのUSB接続のモデムが使えなくなったりと… ということで、昨日は練習全然出来てませんですん。

  • 楽器のチューニング
  • 篠崎バイオリン教室1 28番 A線の練習
  • 35番 D線の練習
  • 64番 G線の練習
  • 68番 A,D,G線の練習
  • 61番 むすんでひらいて
  • 70番 荒城の月
  • 71番 スラーの練習
  • 72番 ルーマニヤ舞曲

楽器のチューニングから、G線の練習は立ち上げの儀式みたいなものなのですが、 今日も音程外しまくりでした。 家ではチューナー見ながら弾いちゃうので 大丈夫でも、やはり自分の音感だけではなかなかピッチは維持出来ないです。

68番はスケールみたいな練習です。

「むすんでひらいて」は以前にもありましたが、これはスラーが入っているバージョンです。 ここでは、演奏するときのテンポにあわせて弓の量も調整しましょう。ということです。 全弓で弾くような場合でもテンポが早ければ、弓の毛が弦をとらえられずに 滑るので、そういう場合はキーという感じの音が出ますよと。G線とかは弦の振動も大きいので 弓の毛が弦をとらえる感覚で調整したほうがいいとのことでした。

「荒城の月」は、「ミ」の音の音程が悪いことと、付点4分音符のところのテンポが 急いでる感じなので、しっかりテンポ取って弾いて下さい。というのが、先生からの 指摘事項。

そろそろ30分経過です。「ルーマニヤ舞曲」を流して本日は終了です。 スラーのところは、弓の配分が少しおかしいところはあったけど、音が切れたりは しなかったのでギリギリOKとのことでした。

次回は7月19日の予定

20090614 レッスン25回目

今日は朝からダンボールや雑誌などの古紙を25Kgくらいまとめて 車に乗せて、ヴァイオリンも車に乗せて、休日にやってる 資源回収の場所経由名古屋市内です。今日は久し振りに 車で行きました。 しかし25Kgくらいの紙を捨てても本棚の雰囲気が全然かわらないのには まいったなぁ。持ち過ぎです。

  • 楽器のチューニング
  • 篠崎バイオリン教室1 28番 A線の練習
  • 35番 D線の練習
  • 51番 ロングロングアゴー
  • 58番 鍛冶屋の槌音
  • 60番 ゆかいな行進
  • 61番 むすんでひらいて
  • 64番 G線の練習
  • 67番 移弦の練習
  • 68番 音階の練習
  • 70番 荒城の月

A線とD線の練習は全弓・中弓・元弓・先弓それぞれデタッシュではっきり弾くのと レガートで滑かな感じで弾くのとの組合せで練習です。 先週同様本日も45分のレッスンですので、結構時間かけます。

ボゥイングは先週から劇的に変るわけもなく、少しづつでも まともになるよう練習するだけです。 今日も良いときと悪いときのムラが多いという指摘です。 安定しませんです。

ロングロングアゴーは先週とかわり無しですが、テンポを上げると 音程が外れまくるのであわてないよう集中です。

鍛冶屋の槌音も、テレビCMで聞いたことあるくらいのテンポで弾いてみます。 というか、テレビCMみたいにフォルテ、ピアノの表現含めて 真似て弾きました。

ゆかいな行進は、1回流して「んっ、じゃ次の曲いきましょう」

むすんでひらいてもとりあえず、2、3回弾いて「んっ、じゃ次はこれいきましょう」

G線の練習は、弓のかかりが悪くてうまく発音しないことがあります。 先生は、弓の動き始めのところで弦が振動し始めるまで あせらないでいれば立ち上がりがおかしくならないとのアドバイス 確かにG線の弦の振動幅って結構大きいですね。

移弦の練習では、G線D線の移弦練習です。上げ弓でG弦に移る場合 弓の重さといいますか軽いタッチになってしまうことが多いので 今回はしっかりと音を出すようにしましょう。ということです。

68番 音階の練習も特には無いですが、楽譜通りの練習に、2音づつスラーと 4音づつスラーというアレンジも含めて練習するといい。

ここまで来て段階でほとんど時間切れですが、最後に荒城の月を 一回流して終了。荒城の月では、8分音符の次に付点2分音符なので 弓の使う量を考えると8分音符で弓をスッと使って次の長い音符を 弾ききれるよう注意しましょうというアドバイスがありました。

今月のレッスンはこれで終了次回は7月5日の予定

20090607 レッスン24回目

先週と違うのは一番最後のところがG線の練習かゆかいな行進かの違いだけです。 ということで、先週の出来が悪いのでしょう。先には進めませんよということですな。

  • 楽器のチューニング
  • 篠崎バイオリン教室1 28番 A線の練習
  • 35番 D線の練習
  • 51番 ロングロングアゴー
  • 57番 スラー練習
  • 58番 鍛冶屋の槌音
  • 59番 スラー練習
  • 60番 ゆかいな行進

とりあえず、ボゥイングの形が悪いところはいろいろありますが、 特に手首と肘がうまく動いてません。 弓が跳ねようとするのを押えようとしているのも悪いポイントでしょう。 まぁ、手の重さが弓に乗れば自然といけるのでしょうが、 先は長そうです。

全弓・半弓・元弓・先弓、複数パターンでボゥイングのチェックです。

ロングロングアゴーは移弦と音程ですかね。今日のポイントは。 今週はほとんど練習してないので、先週とかわり無しですな。

スラー練習は弓の配分に気を付けつつ練習。

鍛冶屋の槌音は ピアノとフォルテのところはまねして、メリハリ付けましょう。 ということで、それっぽくなるように注意して弾いてみます。

ゆかいな行進は、1回最後まで流したところで時間切れでございます。

今日はBの音を低めに取ったりしてましたね。音程ハズれまくりでした。 とにかく、来週も45分のレッスンなので、ボゥイング中心に 予習しますか。

次回は6月14日の予定

20090531 レッスン23回目

昨日の晩花粉の薬飲んでおいた結果今日は楽です。 今日は30分のレッスンですが、先週から続いているので大幅な後戻りは無い予定。

  • 楽器のチューニング
  • 篠崎バイオリン教室1 28番 A線の練習
  • 35番 D線の練習
  • 51番 ロングロングアゴー
  • 57番 スラー練習
  • 59番 スラー練習
  • 58番 鍛冶屋の槌音
  • 62番 G線の練習

レッスンの前半はスケールの練習みたいなことですね。 ロングロングアゴーまで行って、弓の持ち方などで 気になるところのアドバイスをいただきました。 ここしばらくですが、主に肘の高さが中心です。 ピッチの悪さは、まぁいつものことなんでここでは割愛です (^^;

スラー練習は弓の配分のところで、A線からD線など移弦するときに 弓走らせたままだとアンバランスになるので注意しましょう。ということです。 言葉では書きにくいなぁ。気持ゆっくりにするというのも近いようで違うなぁ。

鍛冶屋の槌音はヤマハのお子様向教室のテレビCMの有名なフレーズですな。 「ドレミファソ~ラファミッ・レッ・ドー」ですがまだG線に突入していないので ソから始まります。 ということで 「ソラシドレ~ミドシ・ラ・ソー」

問題は、テレビCMの軽快なテンポが記憶されているのですが 今回先生はロングトーンの練習? と聞きたくなる程のユックリ加減で練習です。 これは別の意味で罠ですなぁ。結果グダグダでございます。

G線の練習は先週と同じということで、今回は時間切れ終了でございます。

6月のレッスンは2回なので1回あたりの時間は45分になります。 うちとこの先生は今のところ次回までの宿題は言わないほうなので 適当にヤマ張って練習してますが、ちょっと範囲広げるかねぇ。

次回は5月7日の予定

20090524 レッスン22回目

春の花粉シーズンもこないだのゴールデンウィークで一区切り付いて 楽になりましたが、これからはイネ科の雑草の花粉でございます。 既に目の痒みと透明鼻水が垂れるのですが、 インフルエンザのせいで名古屋でさえ マスクがありません 花粉用もです なんとかして欲しいものです。

で、マスクに加えてここんところお仕事のほうで次から次と腹に据えかねるような 割り込みやらなんやらで、今日はなんとなく気分が乗らないといいますか、 そういう雰囲気でのレッスンでございました。

  • 楽器のチューニング
  • 篠崎バイオリン教室1 28番「A線の練習」
  • 35番「D線の練習」
  • 51番「ロングロングアゴー」
  • 57番「スラー練習」
  • 62番「G線の練習」

楽器のチューニング完了で、今日は先生のほうが私より機嫌がいいのか いきなりロングロングアゴーいきますかみたいな始まり方だったのですが、 こっちが耳寝てるといいますか立ち上がってないので、 やはりA線の練習からスタートしてもらいました。

A,D線の練習でレッスン時間の半分(15分)経過、 まぁ、右手肘の高さとか左手の矯正タイム。 なんか、レッスン始めたころの癖が出てきてるねぇ。 気ぃつけましょ。 ここでの注意点は薬指と小指の角度ですかね。 左手の練習で例えば28番のA線の練習では 1の指、2の指、3の指、4の指押えたままラシドレミを 弾くよう指示が書いてありますが、 私はこれが出来ないので、 薬指・小指のときは人差し指とか中指は指板から離して弾いてます。

ただ、こうすると薬指とか小指は楽に押えられるのですが、 手が少し音程高いほうへ動いちゃうので ミレドシラと音が下るときに、中指・人差し指の 押えるポジションが狂いやすいという罠が発動されます。 先生もここらへんは自然といけるように練習するしかないね という生暖いアドバイス。わかっちゃいるけど音程狂います。

で、次はロングロングアゴーの復習。 前回よりはマシな演奏を心掛けつつボウイングなど注意して弾きます。 先生が私の後ろにまわって左手のチェックなどされてたようです。 先生と一緒に弾くのと一人で弾くのを何回かやって終了

次は57番のスラー練習ですが、今回始めてなので 弓の配分に注意っと。D線→A線とA線→D線の移動で肘の動きにも 注意っと。

62番のG線の練習はレッスン時間終了間際のため、流して終了です。

ということで、今日のレッスンですっ飛ばした番号の練習曲は 過去の経験から自主練習しといたほうがいいですな。

次回は5月31日の予定

20090517 レッスン21回目

レッスン前日のことですが、おともだちが名古屋へ遊びに来たので ド定番の大須を案内。基本的には電子部品やらジャンク屋などを見つつ散歩という感じ。 夕方からは、当然お食事会となるわけですが、 「やすらぎ居酒屋 月天」「ククルス・ドアンの店 こと GUNDAM BAR -SIEG ZEON-」 で、お酒をいただきました。 その結果本日は、時間ギリギリ起床で二日酔いのままレッスンへGo でございます…

ほぼ1ヶ月ぶりのレッスンなので、先生も様子見でしょう。 今日はひたすら篠崎教本1 51番の「ロングロングアゴー」で終了です。 レッスン的には

  • 先弓で弓の位置がスリップというかズレる
  • ↑は右手の弓を持つ指が柔くなってない
  • D線のファとA線のドの音程が高い

ということです。 あと、雨のせいでしょうかねぇ、A線のピッチがどんどん下っていきましたねぇ。 ということで時期を見計らいつつ次はナイロン弦を張ろうと思ってます。 が、今のオイドクサもまだいい音してると本人は思ってるので、いつ替えるか悩みます。 弦がもっと安けりゃねぇ…

次回は来週5月24日の予定です。

20090419 レッスン20回目

さて、先週に続いてのレッスンです。

  • 楽器のチューニング
  • 篠崎バイオリン教室1 28番 A線の練習
  • 35番 D線の練習
  • 42, 43番 A,D線混合練習
  • 51番 ロングロングアゴー
  • 52番 毎日の練習(3度音程)
  • 53番 前奏曲

今週も、先週と同じようなメニューが続きます。 細けぇことを抜くと「音程」「ボゥイング」に集約されるのでしょうか。 まぁ、先生としても放っておけないのでしょう。 今日はとにかく、面と向ってはちょっとだけ言われたのですが、お顔を拝見したところ まだまだ言いたそうな感じでございました (^^; まぁ、ええ年こいたオッサンでも、基本はキッチリしろという プレッシャーと捉えて練習にはげみたいところです。

ということで、28, 35, 42, 43番はこれからも永遠に続くと思う レッスン開始時のスケール練習の簡易版というとこでしょう。 案の定音程はずれますが、ちょこちょこっと修正しつつこなす感じ

ロングロングアゴーは私だけ弾いてみて、ということで弾き始めたところ いきなり先生からストップ。チューニング狂ってきたので再度チューニングして から練習再開。 2回ほど弾いて、「シ」「ド」の音程狂うところがあるので注意するよう指摘される。 また、曲の区切り(付点2分音符+4分休符)のところでの弓の配分も注意されました。 私の場合は早く使い切った感じで最後おかしくなります。

あとは2回ほど先生と一緒に弾きました。弾けば弾くほどおかしくなって メロメロでした。が、まぁいいでしょう。

ここらへんで時間も迫りつつというところですが、52番の練習は 前回もやったので、さらっと1回流しておわり

53番の前奏曲はタイムアップしてたのですが、1回流してみましょう ということで、正味流しただけで終了となりました。 ま、ロングロングアゴーから少し進めたんでボカァ嬉しいよ。

うちとこの先生は教本に○をつけてくれるのですが、そこからの反復練習が 多いので次回みたいに日数が開く場合はどこまで戻ってレッスンするか 要注意です。先ばっかり見ててはダメで積み重ねでございます。合掌

次回は5月17日の予定です。

20090412 レッスン19回目

今日も花粉がすごいことになてますなぁ。血液検査の結果では ヒノキに症状が出ないはずなのですが、朝から目ぇ痒いし 透明鼻水は出続けるわと散々な状態です。 とりあえず、花粉の薬を飲んでから出発です。今日の内容は以下のとおりです。番号は篠崎バイオリン教本1(赤本)の番号です。

  • 楽器のチューニング
  • 28番 A線の練習
  • 35番 D線の練習
  • 51番 ロングロングアゴー
  • 52番 毎日の練習(三度音程)

楽器のチューニングはいつもどおり時間がかかりますが 先生に楽器を奪われることなく自力で完了。 いつもは、電子メトロノームに付随しているAの音(ペーという音のやつ) であわせますが、今日は先生もチューナを持っておられたので、ついでに 使わせていただきました。

A線の練習は、4拍や2拍などのパターンで何回か、D線のほうも 同じく何パターンかで練習実施です。 今日は、弓がプルプルしてたので 弓を返す時の手首の加減といいましょうか、指のしなやかさを 増すために、弓持ったまま指体操(指の動きだけでボゥイングして、A線とD線の音階練習) もあわせて実施しました。 まぁ、ヴァイオリンのレッスン始めたときに教わった 弓の練習なんかはすっかり抜けてましたが、 また自宅でも再度練習したいですね。

このあたりで残り10分くらい。 A線が少し下ってきたようです。さすがガット弦です。 かなり敏感です。 チューニングを直さないままにロングロングアゴーを再度練習。 前回はサラット流しただけなので今回はもう少し細かく 4小節単位で練習実施ですがこのあたりから、A線の音程微調整が うまくいかなくなって狂いまくりで、結構変な音とか連発してましたです (^^;

最後は、52番の三度音程の練習を少しやったところで、本日時間切れ終了となりました。

次回は4月19日の予定

20090405 レッスン18回目

ほぼ一ヶ月ぶりのレッスンです。昨日は自宅に引きこもって 電子工作用PCのメンテやなんやらしているうちに夕方になったのは いいのですが、そのあとえらい肩凝り・首凝りで今日を迎えて しまいました。PCいじりも程々にせんといけませんなぁ。

で、中途半端なままレッスン開始でございます。

  • 楽器のチューニング
  • 篠崎バイオリン教本1 28番 「A線の音階」
  • 35番 「D線の音階」
  • 42,43番 「A, D線移弦の練習」
  • 48番 「ちょうちょ」
  • 49番 「むすんでひらいて」
  • 50番 「ルーマニヤ舞曲」
  • 51番 「ロングロングアゴー」

楽器のチューニングは、以外とてこずりました。 家では音叉くわえてA線をあわせていますが、教室では 電子メトロノームのAの音にあわせています。 が、置き場所がまずかったのか、ボリュームが小さいままだったのか 原因はおいとて、いまひとつ良く聞こえずにチューニングしにくい状況でした。 また、先生にはガット弦に交換した旨も伝えましたが、 「今日は乾燥してるからそのうちピッチあがるかもね」 と、簡単にスルーっと

A線の練習は音程高めでいっちゃいました。また、D線は低めと ピッチの安定感がさっぱり無かったですね。 今日は耳寝てます。 弓も、指板側へ行ったり駒側へ寄ったりと落ち着きないです。 ということで、肘の位置や細かい修正実施です。

42,43番 「A, D線移弦の練習」も同じように、移弦するときの 肘の高さのイメージを注意するようにとのこと

ここらへんで、レッスン時間残り10分ちょい。「ちょうちょ」 「むすんでひらいて」「ルーマニヤ舞曲」は前回もやりましたが 今日も復習で弾きました。

「ロングロングアゴー」は今日ここまで行くとは思ってませんでしたが、 弾いてみましょうということで2回流しました。 もちろんほとんど練習出来てないのでボロボロでございました。 今日の30分間はこれにて終了です。

今日は、なんだか弾いているうちに前屈みというか体が丸まっちゃって 姿勢が悪いと注意されたので注意したいところです。

次回は4月12日の予定です。

20090308 レッスン17回目

花粉の量が多い日は1日2~3鼻血くらい出ちゃうので面倒なのですが、今朝は花粉症も軽い感じだったので とりあえず電車でレッスンに行きました。 今日のレッスンは45分です。篠崎バイオリン教本1の番号では

  • 楽器のチューニング
  • 篠崎バイオリン教室1 24番A線の音階練習
  • 35番D線の音階練習
  • 42,43番A/D線の練習
  • 48番ちょうちょ
  • 49番むすんでひらいて
  • 50番ルーマニヤ舞曲

の内容でした。

24番35番の練習は前回と同様に音程が取れているか、ボウイングがおかしくなっていないか の確認で、4拍で弾いたり2拍で弾いたりなどいくつかのアレンジで練習です。 今回は弓と弦の直角はある程度保てるかと思いきや、 弓が駒のほうへ行ったり指板側へ行ったりするパターンが出て 不安定でした。また、どういうわけか音程を若干高めに取ってしまう 状態になったままで音程も微妙すぎます。 この状態はレッスン終了まで続きました。

42,43番の練習は、移弦するときに弓が止ってなくて変な音出したりしたのが 注意点です。慣れるまではキチットやりましょう。

「ちょうちょ」は前回前半8小節までやりましたが、今日は残りも含めて通しで練習。 細かいことも言われましたが、内容は上に書いた音程が高めとか移弦のボウイングについてです。 また後半テンポがおかしくなったのでそれのツッコミはありました。

49番の「むすんでひらいて」と50番の「ルーマニヤ舞曲」は今回さらっと流したところで 時間切れ終了です。なので次回以降もこの曲はもっとよく弾けるように 何回かやると思います。

今日のレッスンは電車で行きましたが、帰りに百貨店や電気屋とかで買い物しちゃうので 車(高速道路も使用)で行くより金使ってる事実。おまけに昼からビールやら飲んでも気にならない人なので 酒までいっちゃうと相当高く付きます。 なんかおかしいとは思いつつ放置です (^^;

次回は2009年4月5日の予定です。