AVR Studio 5.0 Beta をインストールしましたが AVRISP MKII のファーム更新に失敗した

ATMEL のサイト久しぶりに見に行ったら、AVR Studio 5.0 Beta があったので Windows XP に導入してみました。

そうしましたところ、私のところの環境では

  • Microsoft .NET Framework 4.0 Full Profile
  • Microsoft Visual Studio Isolated Shell 10.0
  • AVR Jungo USB Driver

が必要と言わました。そのまま [Install] ボタンで全部インストールしてくれました。で、AVR Studio 5.0 Beta を起動しますと、 4.18 とは違って今時のアプリケーションのようなメインウィンドウが表示されました。

ちなみに、このバージョンはToolchain も含まれているので gcc も一緒にインストールされています。8ビットAVRマイコン用は gcc-4.5.1、 32ビットAVRマイコンは gcc-4.4.3 のようです。

んで、AVR ISP MK II のファームアップデートをやってみます。

プログラマー側は、1.d で、AVR Studio5.0 Beta には 1.e が提供されているようですね。これはアップデートしてみようとボタンをポチりましたが、

トラップを拾ったみたいでVisual Studio のデバックする? と聞いてきました。何回かやってみましたがファームの更新は出来ませんでした。

壊れたままではいやなので、AVRISP MKII を 手動でファーム更新モードにして、 AVR Studio 4.18 でファームの上書きしてOKにしました。

やっぱベータ版ですね。

こわいので、JTAGICE のファームアップデートのテストは正式版リリース後ですね。

Xilinx WebPACK 13.1 をインストールした。

Xilinx の WebPACK 13.1 を vmware の仮想マシンにインストール。とりあえず C:\Xilinx は10GB くらい使用。しかし仮想マシンのディスク20GBで設定してて残り4GBちょい、アップデートきたら足りん。仮想ディスクの増やし方を調べとこ

あとは Veritak も導入して、今日は終り。以前作成したverilogソースが通るかはまた後で。今日はもう眠い。