71A シングルアンプ 5V整流回路、220Vリップルフィルタの作成

終段で使う 71A は直熱三極管のため 5V のヒーターは直流点火します。また、各真空管の B 電源(220V)の整流回路も必要なのでラグ板に作っていきます。今回使用するシャーシの大きさ的余裕が少ないので、中に入れる物はある程度作ってからでないと上面の配置も決められないということなのです。

左のラグ板が 71A のヒーター用ブリッジダイオードと抵抗+コンデンサのリップルフィルタ。真空管2本なので回路も2つ。正直そこらへんで売ってる 5V 電源ばらしたほうが手間少ないですが、一応作りましたということです。また右側は 220V のリップルフィルタです。B電源は終段と12AU7合わせて50~55mA使う予定です。電源トランスは 100V 入力 200V のセンタータップ付き巻き線があるのでこれを使用します。整流後330V程度の電圧になります(電流流すとトランスの電圧は下がるので、実際にはもっと低い電圧)。FET で 220V までドロップさせるので 4~5W の無駄な熱が FET から発生します。放熱器必須です。

シャーシ内にいれるラグ版ができたので、収まりそうか検討中のところ。なんとか入りそうではあります。ほぼほぼ、このレイアウトで行くと思います。ゴールデンウィークでもうちょっと進むかな?と思っていましたがここまででした。シャーシの穴あけはヤル気になるまでちょっと休憩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。