GM70 シングル アンプ全体のゲインと負帰還の目安を調べた

GM70ロードライン

GM70 のロードライン更新版です。最終的な動作点はプレート電圧 950V より少し上でプレート電流 80mA のところになりました。右上りの赤い線はカソード抵抗 1.2k のラインです。右下りの青い線は出力トランスの 9.5k のライン。動作点のところに引いている縦線は gm を見るため、淡い緑っぽい線は、プレート内部抵抗 rp を調べるための線です。

GM70 のデータシートには、gm 6mS と μ 6.7 ありますが、グラフ読み取りしておおよその値を調べました。今回使う動作点あたりでは
gm: 4.5mS
μ: 8
rp: 1.8k
ぐらいの数字になりました。ということで、トータルゲインの試算

増幅率(倍) 増幅率(db)
6SL7 40.0 32.0
6SN7 26.0 28.3
GM70 6.7 16.6
OPT 0.03 -31.0
トータル 197.4 45.9

グラフから出力電力も目分量で求めた結果20W 程度 8 掛けとして 16W 程度が実質の最大出力となり、電圧換算は 11.3V でした。
ひとまず 150mV を入力の目安とした場合、必要な増幅率は 11.3V / 0.15V = 75.3倍(37.5db) です。

帰還抵抗 β Gain(倍) NFB(db)
100 0.500 2.0 40.0
2100 0.045 19.8 20.0
3900 0.025 33.3 15.5
9100 0.011 62.8 10.0
20000 0.005 99.6 5.9
47000 0.002 139.1 3.0

10db の帰還で 62.8倍の増幅率なので、帰還量 10 db は組込む予定。電圧の高いライン出力を持つ機器の対策はどうしましょうかね。アッテネータで減衰さすのが簡単なのですが… 検討ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。