出力管の固定バイアスに使う負電源の確認

スクリーンショット 2014-04-08 21.11.53

今回作るアンプの電源まわりで、リップルフィルタ通さない回路が一つあります。終段の固定バイアス用の負電源です。2SJ な MOSFET かましてやればすぐ出来るのですが、手持ちが無いことと初段用のリップルフィルタならびに終段用のリップルフィルタでおなかいっぱいてなところ。とりあえずダイオード一本の整流でなんとかなりそうか LTspice さんに計算してもらいました。C 電源は 80V を半波整流してコンデンサで平滑。 緑が C1 のコンデンサ、青が 10k 負荷の電圧です。10k は、実際には手持ち 20k のボリュームでバイアス調整する予定ですが 2個使うため合計 10k です。

スクリーンショット 2014-04-08 21.13.24

グラフを拡大して見てみます。1 つめのコンデンサところでは脈流が見られますが、負荷の 10k のところでは拡大しても大丈夫そうです。出力電圧も -86~87V くらいなので丁度良い電圧です。
3k と 100u の組合せでカットオフ周波数 0.5Hz 50Hz で -40db 程度減衰するというのも 大川電子設計 様の Web 内の CRローパス・フィルタ各種計算ツールの結果グラフで確認させていただきました。とりあえず C 電源はこれで作ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。