Re Electronics 懸賞品で作る真空管アンプ 初段の動作確認

2013-12-31 11.48.42

ブレッドボードに初段で使う予定の SRPP 回路を組んでみて、増幅率どれだけあるのか確認。信号源には iPhone / iPad どちらでも使える 「Oscillatr Free」 というのを使用させていただきました。このアプリは、出したい周波数の音の PAD を押すと信号が出るというアプリです。

ADS00009

オシロのハードコピーが小さいのは、リサイズしていない為です。ちょっと見にくいですけれども、黄色が入力、水色が次段のグリッドに接続される 220k の抵抗のところで測定しています。目盛は黄色が 500mV で水色が 20V です。

入力 1Vpp で出力が 50Vpp 程度となりました。素直に 50 倍です。次段 6L31(6AQ5) のカソードバイアスは 9.45V なので、最大値 8V(16Vpp) 程度で振ってみたときの入力電圧を見てみます。これが次のハードコピー

ADS00012

結果 280mV の入力です。この入力電圧なら負帰還かけても携帯プレーヤの入力にも十分対応出来そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。