ヘッドホンアンプの案検討中5 終段を2SC1815/2SA1015にしてみた

2013-07-05 06.42.03

先日ブレッドボードに組んでみた小出力アンプ。前回は終段に 2SC2120-Y / 2SA950-Y の組合せで簡単な確認を行いましたが、今回は 2SC1815-GR / 2SA1015-GR に替えてみて確認です。前回も今回もパーツの袋からトランジスタを出した状態で使っておりまして、部品の選定はしていません。終段のアイドリングは 5mA、以下前回記事同様に f特,100Hz,1kHz,10kHzの歪みのハードコピーです。

Hc201307050001

he201307050751004

he201307050751003

he201307050751002

o004

簡単な測定方法で採取しているデータ故、傾向を見る程度のものとして扱って下さい

測定に使用しているPC内蔵サウンドのループバック値とたいして変らない値がとれました。重い負荷じゃなければそこそこの性能で動いてくれるのではと思います。あとは、回路図をステレオ分にして基板のアートワークに着手していきたいと思います。

“ヘッドホンアンプの案検討中5 終段を2SC1815/2SA1015にしてみた” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。