MIDIデータのピッチ変更に苦労した。

ヴァイオリンのレッスン以外で、自分の弾きたい曲とかを練習(遊ぶ)ときの音源でヤマハの販売サイトからMIDIファイルを購入しました。
ヤマハのミッドラジオプレーヤーを使えばギターの人はTAB譜て言うんでしたっけ?弦の押さえ方とかも表示されるし、カラオケの歌詞も表示されるし、当然不要なパートのミュートもできるのマイナスワンさせるのも簡単なので非常に便利です。
付属の音源は音が微妙にしょぼいので、そういや、Roland SonicCell で鳴らしたどうなるかと思って、ミッドラジオプレーヤーの設定画面から出力先を切り替えてみましたが、単純に出力先をかえただけなのでこれも微妙。どんなデータかな?と思って中身をみましたがヤマハが販売していたMIDIデータでしたが普通にGMリセットして始まるデータだったのが救い。

GMリセット? はて、ということで SonicCell の設定画面を開くとMaster Tune は 442Hz に設定していたものが案の定 440Hz に戻っていました。

私のヴァイオリンのレッスンは A=442Hz なので、出来れば442Hzで鳴って欲しいのでMIDIデータを編集する必要がありますが、今回はご丁寧にも SYSEX トラックが作成されていたのでそこに
F0 7F 7F 04 03 00 45 F7
というSYSEX の Master Fine Tuning データを追加して対応しました。

と、簡単に作業したかのごとく書いてますが、このパラメタにたどりつくのにググりまくって結局 AMEI の MIDI 規格の変更資料かなんかのページが引っかかったのでそれを信じてやったらうまくいったという次第。トラック毎の変更方法は前から知っていましたが、今回15トラックあったのでsysex で一気にやる方法は今回はじめてやりました。あぁしんど

「MIDIデータのピッチ変更に苦労した。」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。