Si4735 ラジオモジュールのケース検討

2012-12-19 21.46.46

ラジオモジュールの基本的な動作は実装出来たので、ぼちぼちケースにでも思いつつも、アルミのケースをハンドニブラで穴開けする気力もなく。さりとて裸のままもどうしたものかという状態。ダイソーで「カードスタンド-V 3」というのを文具コーナーで見つけまして買ってきた次第。飲食店などで、予約席とかを表示するのによく使われてるやつですよね。

大きさは横幅約18センチ×たて6センチメートルのメタクリル樹脂という材質で出来ているようです。さわった感じはやわらかいのでカッターなどでもなんとか加工出来そうな雰囲気はあります。ということで、今回はこれをケース代りにしてしまおうと思います。

テスト的に、液晶モジュールを挟んでみたところ、ん~ちょっと微妙という感じはします。液晶を挟んでるところが黒くなるとかは無かったのでまぁいいかなと。右側にタクトスチッチの基板をネジ止めして底辺に本体の基板と電池ボックス付けたら終りという感じです。ちなみに、下のネオン管も長さ的にどうかなと思って置いてみただけなのですが、固定の方法は考えないといけませんがなかなか良い感じではあります。なお今回のラジオモジュールでは使用しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。