Si4735 ラジオモジュール構成検討中 その2

ラジオモジュールのほうのプログラミングは FM だけですが、周波数のセットとステータス呼び出しが出来ていますので、AM のほうもすぐコーディング出来るようなところまでは来ています。この時点での変更点は

  • ATMEGA328P のクロックは内蔵 8MHz からデフォルトの 1MHz に戻した。
  • それに伴ない I2C のパラメタ設定修正
  • ブレッドボード上のパーツ整理

です。で、次考えないといけないがユーザーインタフェースです。これ悩み中ですが大雑把に以下の項目

  • 周波数のセットの仕方(直接入力・シーク・その他)
  • AM / FM の切り替え方法
  • 音量調整
  • 16×2 の液晶への表示内容(モード・周波数・信号強度(簡易Sメータ)など)
  • 液晶コントラストの設定(ボリュームでは出来ない)
  • スピーカー付けるか否か・とステレオかモノラルか

正直決まってないですね。すくないボタンでガンバルかどうするか検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。