Si4735 ラジオモジュール構成検討中

先日入手した Si4735 ラジオモジュールですが、どういう構成にするか成行でブレッドボードにはめて行きました。まずは各モジュールを初期化して固定値でもなんでもいいので動くことを確認するのが先のため、まだタクトスイッチなどは接続していません。で、部品取り付けつつなんとなくまとまったのは

  • 3.3V 動作(液晶の動作電圧狭いけど、電池もいけるか確認)
  • Si4735 と液晶の電源は AVR マイコンの IO ピン制御で供給出来るかやってみる
  • ↑ が OK なら AVR マイコンの Power Down モードを使用してみる

という項目をまず確認したいです。PORTC の 27,28ピン。I2C で使うときにプルアップ出来れば言うことなしですがデータシート見ないと。これが確認出来れば基本の接続は問題ないので後はスイッチ増やしてそれっぽく仕上げていく感じかなぁと

データシートには、PORTC の I2C で使うピンはプルアップ出来ると書いてあったので、外付け抵抗なしでやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。